--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年02月19日 (日) | Edit |
最近インフルエンザが流行っておりますが、我が家にも流行がやって参りました。
先週の土曜日の夜中に突然こつぶちゃんが40度近い高熱を出しました。
翌日、小児科を受診するとA型インフルエンザと判明。
日曜日だったので、掛かりつけの小児科ではない先生だったのですが、この先生
「解熱剤や冷却はしないでください」
と、言う先生なんです。
先生の考えは、体の中で菌をやっつける為に熱を出しているので、無理に熱を下げてはいけない。
菌に対して強い体を作るためにも、冷えピタもしないように。との事なんです。
先生の考えも分かるけど、40度の熱で熱を下げないと言うのは、脳炎になってしまうんじゃないか心配です。
で、先生の言いつけを破って解熱剤を2回も使ってしまいました。

後日、掛かりつけの先生に診てもらった時に、私の考えを聞いてもらったら、その先生は積極的に熱を下げるべきと言ってくれました。
先生によって考え方がだいぶ違うなぁと思いました。

こつぶちゃんが発熱した翌日、私とオットも微熱が・・・
耳鼻科で診てもらうと、私も陽性反応が出ました。
何十年振りかのインフルエンザにかかってしまいました。
幸い発症直後だったらしく、処置が早かったのとワクチンを打っていたので、軽く済みました。

ただ、一緒に受診したオットは、陰性。
仕方が無く自宅に戻って休んでいると、みるみる熱が上がって来ました。
翌日、再度検査をしてもらうも陰性。
その間も、だいぶ具合が悪そうで可愛そうでした。
朝一で受診したオットですが、午後になって病院から陽性反応が出たので来てくださいとの連絡がありました。
やっとインフルエンザと認められたオットは、発症してからだいぶ時間がかかってた様に思います。

そして、一番心配していた92歳のおばあちゃんと母には、一緒に居たにもかかわらず移りませんでした。
昔の人は体が頑丈に出来ているのか、今日も元気なおばあちゃんです。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。